https mode 東京 長野 http グラフィック デザイン 調べる news 大会" />
So-net無料ブログ作成

東京五輪エンブレム最終候補者の作品は? [東京五輪]

東京五輪のエンブレムでは
佐野デザイナーの案に決まりましたね。


どうも東京五輪エンブレムでは
問題が山積みのようですが、
どのように選ばれたのでしょうか?

佐野デザイナーの東京五輪エンブレムのほかにも
候補が2つあったといいます。


他の東京五輪エンブレム候補について
調べてみました。





スポンサーリンク






東京五輪エンブレム候補選定基準


■エンブレム選定について

エンブレムの選定にあたっては、国内外を代表するデザイナー個人による条件付き公募を実施。
2014年10月に国内外から104作品(内、海外から4作品)の応募をいただき、
永井一正氏(日本グラフィックデザイナー協会特別顧問)
を審査委員代表とする審査委員会(2014年11月17~18日)にて
「デザインとしての美しさ、新しさ、そして強さ。
そこから生まれる展開力。」を審査基準に、入選3作品を選出し、
うち1点を大会エンブレム候補と選定。
本年7月、IOC、IPC、東京2020組織委員会の承認を経て、
国際商標確認を終了し、デザイナー佐野研二郎氏の作品を、
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムとして決定いたしました。

https://tokyo2020.jp/jp/news/index.php?mode=page&id=1406様より引用


これによると国内外を代表とするデザイナーに限り
限定して応募が可能なのですね^^;


どうやら海外の方も普通に応募できたみたいで
今回東京五輪エンブレムが
日本人に決まったのは偶然だったようですね。


この決定をした
日本グラフィックデザイナー協会特別顧問 永井一正さんが
東京五輪エンブレムに思いを出しているんですが

あの1964年の東京五輪エンブレムが
国内外で大絶賛を浴びていたことを懐かしまれていました。


ですので審査で候補を選ぶにあたり
東京五輪エンブレムは本当に選ぶ人も思いを
こめた選定だったようですね。


スポンサーリンク






東京五輪エンブレムのほかの候補者の作品?



東京五輪エンブレムの最終候補には
佐野デザイナーのほか原研哉さんと葛西薫さんの3名が
残ったと調べることができました。



私もどのような東京五輪エンブレムが
最終候補に残ったかイラストを見たかったのですが
見つかりませんでした。


国内外から100点程度の審査ですが
国を挙げてのプロジェクトですので
発表前の東京五輪のエンブレムは
重要機密なのかもしれませんね。
残念です。


最後にですが最終候補の原研哉さんの作品の中に
長野五輪のエンブレムがありました!
(葛西薫さんの方はオリンピック関係の作品を
見つけれませんでした・・)

4.jpg
http://designcommittee.jp/member/hara_kenya.html様より引用

めっちゃ原研哉さん有名な方じゃないですか!


落選してしまったのは
残念ですが、日本人が最終選考に選ばれるということは
大変名誉な事だと思います。

この東京五輪エンブレム問題が
速やかに終わってくれることを願うばかりです。


スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます